月: 2016年8月

飯塚雅幸(サックス)が長谷川真弓さん担当「FM花火/花咲きレディオ」に生出演しました。

201683150 (17).JPG
201683150 (38).JPG
201683150 (1).JPG
201683150 (2).JPG
201683150 (3).jpg
201683150 (18).JPG
201683150 (31).JPG
飯塚雅幸(サックス)が長谷川真弓さん担当「FM花火/花咲きレディオ」に生出演させて頂きました。
私の師匠、故土田真弘氏の遺品であるアルトサックス「アメリカンセルマー・マーク6」をマイクの前に、長谷川真弓さんの担当でお話をさせて頂きました。
内容は「JAZZが若かったころ」の本を題材に、日本にJAZZが普及し、その発展に壮絶な戦いで挑んだ若かりし「日野皓正」氏「渡辺貞夫」氏、私の師匠「土田真弘」氏等の挑戦のお話をさせて頂き、最後に私のCDアルバムから「スターダスト」を流して頂きました。有り難うございました。 塚 雅幸


飯塚雅幸のウッドデッキでくつろぐ楽器達と「大曲の花火」の若かりし頃の想い出。

2016829 (2).jpg
2016829 (1).jpg
2016829 (18).jpg
2016829 (17).jpg
2016829 (15).jpg
2016829 (16).jpg
飯塚雅幸のウッドデッキでくつろぐ楽器達と「大曲の花火」の若かりし頃の想い出。
高校のブラスバンド時代、 ある先生から花火の前に突然、「こういう風に吹いて録音してくれ」というお願いがありました。それまで音楽の先生でありながら一度も指導頂いたこともなかったし、見向きもしてくれなかった先生からの依頼に戸惑いましたが、ブラバンの仲間達で相談して録音に応じました。
 その録音が私達には一つも知らされず、その後の「大曲の花火」で使われたという事を聞き、高校生ながら複雑な思いをしたことを今でも鮮明に覚えています。
 でも今、50年前の「大曲の花火」と当時の私達の幼い演奏が競演したと言うことの事実、上記の「いやな思い出」を超越し「良い思い出」として解釈出来るのは、66歳を迎えた年齢のなせる技なのでしょうか。        飯塚 雅幸

飯塚雅幸(サックス)が 伊藤美果さん担当「FM花火/花咲きレディオ」に生出演しました。

2016824 (155).JPG
2016824 (158).JPG
2016824 (156).JPG
2016824 (154).JPG
飯塚雅幸(サックス)が「FM花火/花咲きレディオ・LIVE」に出演致しました。
大仙市コミュニティFM「FM花火」火曜DJ、伊藤美果さん担当の「花咲きレディオ・LIVE」に出演させて頂きました。久々の生放送出演とあって、老体にむち打ち元気に「伊藤美果」さんの見事なエスコートで音楽人生を語らせて頂き、私のCDアルバムから「マカレーナの乙女」が流されました。
三浦さん、DJの伊藤さん、アシストの根田さん、聞いて頂いた皆さんありがとうございました。     飯塚 雅幸

飯塚雅幸(サックス)が大仙市「太田中学校第2期生・同期会」にお招き頂き祝奏しました。

2016824 (147).JPG
2016824160.jpg
2016824 (122).JPG
2016824 (128).jpg
2016824 (148).JPG
2016824 (127).JPG
飯塚雅幸(サックス)が大仙市「太田中学校第2期生・同期会」にお招き頂き祝奏しました。
私の一級上の懐かしい先輩たちの「太田中第2期生・同期会」が奥羽山荘を会場に盛大に開催されました。
お招き頂き、皆さんの青春の頃の「いつか聞いた懐かしのあの歌・曲」の数々をお贈りし、皆さんで「太田中校歌」を私の伴奏で厳かに唱和しました。うれしい時間でした。飯塚 雅幸

藤間知枝「第八回・藤友会」のビデオ・写真集が完成し衣装・小道具整理を兼ねて集合しました。

201682151.jpg
2016821 (9).jpg
2016821 (6).JPG
2016821 (4).JPG
2016821110 (1).jpg
2016821130.jpg
2016821 (5).JPG
2016821 (3).JPG
藤間知枝「第八回・藤友会」のビデオ・写真集が完成し、衣装小道具の整理を兼ねて会員が稽古場に集合しました。
「第八回・藤友会」の待ちに待ったビデオ・写真集がようやく完成し、舞台衣装や小道具の整理収納などを兼ね会員が藤間知枝自宅稽古場に集合しました。
会員皆さんの持ち寄った美味しいご馳走をいただきながらのビデオ鑑賞、そして皆さんの反省会を兼ねたひととき、すばらしい時間でした。
いよいよ9月から2年後の「第九回・藤友会」に向けてのお稽古が始まって行きます。どうぞ宜しくお願い致します。
                  藤間 知枝

飯塚雅幸の田沢湖畔「縄文の森たざわこ」で「夕暮れのサックスコンサート」のその2です。

20168110 (1).JPG
2016717 (64).JPG
2016717 (67).JPG
2016717 (60).jpg
2016717 (62).jpg
2016717 (55).jpg
飯塚雅幸の田沢湖畔「縄文の森たざわこ」での「夕暮れのサックスコンサート」その2です。
田沢湖畔の月と星と夕景が美しい、すばらしい「縄文の森たざわこ」での「夕暮れのサックスコンサート」・・・・とても心に残る演奏をさせて頂きました。
企画頂いた鈴木さん、駆けつけて頂き、美しい記念のシーンを撮って頂いた三浦ご夫妻、そして私の息子・娘家族、友人の三浦さん家族、ご協力頂いた大勢の皆さんに感謝します。
                飯塚 雅幸

飯塚雅幸の田沢湖畔「縄文の森たざわこ」で「夕暮れのサックスコンサート」の情景です。

2016813 (24).jpg
2016813 (23).jpg
2016813 (20).JPG
2016813 (22).JPG
2016813 (21).JPG
2016813 (2).JPG
2016813 (1).JPG
2016813 (5).JPG
2016813 (4).JPG
2016813 (3).JPG
2016813 (6).JPG
2016813 (7).JPG
2016813 (8).JPG
 飯塚雅幸の田沢湖畔「縄文の森たざわこ」での「夕暮れのサックスコンサート」の情景です。
「縄文の森田沢湖」の鈴木さんのお取りはからいにより、湖畔のすばらしい景観の中、「夕暮れのサックスコンサート」を企画頂きすばらしい思い出に残る演奏をさせて頂きました。
湖をバックに暮れゆく縄文の森の景色、そしてキャンプファイヤーをバックに、さまざまなジャンルのサマーミュージックの数々をお贈りし、顔なじみ、家族、そして全国からの皆様から声援を頂き最後に子供たちから鈴木さんのご配慮で花束を、そしてアンコールを3回も頂きました。
鈴木さんのご配慮、お持てなしに感謝します。飯塚 雅幸

飯塚雅幸(サックス)が母のふるさと横手市金沢「立花会・夏祭り」に出演しました。

20168920.jpg
201689 (5).JPG
201689 (13).JPG
201689 (11).JPG
201689 (12).JPG
201686 (7).jpg
201689 (17).JPG
201689 (2).JPG
飯塚雅幸(サックス)が横手市金沢「立花町・夏祭り」に小西光雄(ギター)さんと出演しました。
藤原清衡の「後三年の役」で有名な横手市金沢は私の母のふるさとで、今回の演奏でのお招きは5回目になります。
懐かしい皆さんのお顔、そしていつも守ってくれた「金沢八幡宮」に感謝を込めて思いっきり吹かせて頂きました。
すばらしい皆様のお持てなしに感謝します。 飯塚 雅幸

飯塚雅幸(サックス)が黒塀の街「ZENライブ」にステキな仲間たちと出演しました。

20168620.jpg
201686 (24).JPG
201686 (22).JPG
201686 (19).JPG
201686 (17).JPG
201686 (18).JPG
201686 (1).JPG
201686 (21).JPG
飯塚雅幸(サックス)が黒塀の街「ZENライブ」にステキな仲間たちと出演しました。
黒塀の街、大仙市長野の活気を取り戻そうと企画された「ZENライブ」が14回目を迎えました。
会場はあふれんばかりのお客様の中、全国民謡日本一の数々のグランプリ、そして津軽三味線の大家「深瀬親子」 フォークの「高橋宏幸」ギターの名手「山手昌行」いぶし銀のサックス「草薙祐喜」他、ZENに集結、熱きLIVEが行われました。
今日は日頃の罪滅ぼしで、妻、藤間知枝をお客様として連れて行き、いっぱい飲ませました。たのしい時間でした。
                  飯塚 雅幸


飯塚雅幸が大曲駅前夏祭り「さらさ/きらきら/通町・フェスティバル」にお招き頂きました。

201683 (33).jpg
201683 (31).JPG
201683 (46).JPG
201683 (47).JPG
201683 (32).JPG
飯塚雅幸(サックス)が大曲駅前夏まつり「さらさ/きらきら/通町・フェスティバル」にお招き頂きました。
今年で昨年に続き3回目のお招きで、ステージショウ最後に「サマーサウンド」の数々をお贈り致しました。
これからお盆まで5回程、各地の企画にお招き頂いています。皆さんとの再会が楽しみです。   飯塚 雅幸