2010年7月アーカイブ

004.JPG

                                         今日は「4thZENライブ」でいつもお世話になっているゆかいな仲間たちと共演、会場のお客様も一体になっていただき、たいへんな盛り上がりでした。

                   左は、主宰者でサキソフォン奏者の草薙祐喜さんです

 

音響から企画、集客、司会、そして素晴らしい演奏、お疲れ様でした。

 

 

 

 

007.JPG  

 

 

                            右は津軽三味線の深瀬洋子さんのすばらしい演奏風景です。

                                 彼女は、いろいろな津軽三味線の全国大会に出場し、常に上位入賞しています。

 

 

 

013.JPG                                                      

                                                左の写真は、今回初めて共演する、ギターの山手昌行さんの演奏風景です。

若いのに礼儀正しい人でした。

 

020.JPG

右の写真は誰でしょう・・・

これは私です。

パーカッションを演奏するに当たって、コスチュームもラテン風に変えました。

しかし、家内の評価はあまりよくありませんでした。

 

030.JPG このコスチュームで「美空ひばりメドレー」をテナーサックスで演奏いたしました。

おいでの皆さん、そして主催された草薙祐喜さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした。お招きいただき感謝申し上げます。

また、会終了後、公私共にお世話になっていますGN邸にお招きを頂き、すばらしいごちそうを家内共々頂きまして、ほんとうにありがとうございました。                  深 謝

                     飯塚 雅幸                                                                                             

002.jpg

藤間知枝主宰・藤友会「平成22年度・ゆかた会」を下記の日程で開催いたします。

お誘い会わせの上おいで下さいますよう、ご案内申し上げます。

                            

      日 時;   平成22年8月1日(日)

                   11時より

      場 所;   中里温泉 (大仙市太田町)

                  電話0187(88)1471

                    藤間 知枝

001.jpg 002.jpg

004.jpg

飯塚雅幸(サキソフォン)が、いろいろな所で、いろいろな仲間たちと演奏したライヴ写真を3枚載せてみました。

音楽の仲間たちは何も駆け引きがなく、ほんとうにすばらしい人間ばかりです。(中にはこずるい人間もいますが・・・)

でも音楽のプロで生きていく人たちは、純粋な半面、「しゃば」とうまく渡り会い、経済的な確立をしながら社会的な生活を続けていく・・・というとなかなかな厳しい世界です。

そんな厳しい中、今でも音楽を生きがいにしている、素晴らしいミュージシャン達といつも演奏出来ます事、本当にありがたい幸せな事と思っています。

今日も一パイ飲んで、好きな事を書いてしまいました。

                      飯塚 雅幸

 

 

 

 

001.JPG

003.jpg

大曲の某宴会場のマンハッタンというゲストハウスで行なわれた結婚式にご招待を頂き、素晴らしいご両家のおもてなしの中、お祝いとして、ジャズのスタンダード曲より「スターダスト」を祝奏させていただきました。

ご両家様、そして「和也君、美和子さん」ほんとうにおめでとうございます。

記念に、この会場前ロビーと2階をつなぐ、らせん階段で記念写真を撮っていただきました。(上の写真です)

この時気がついたのですが、20年から25年程前、この同じ階段で、ある方の祝賀会にお招き頂いた時の記念写真があった事を思い出し、探してみたらありました。(下の写真です)

タキシードも今着ている物と同じで、20年から25年前の自分と今日の自分を比較してみると、不思議な感じがします。

昔、この頃の自分は何をして何を考えていたんだろう・・・とか、家族はどんなだったんだろう・・・とか、ボーッとパソコンに向かって考えていたら、家内から「なにボーッとしてらあ・・・いっぺ飲まねが」といわれ、現実に戻ってしまいました。

今日はすばらしいお招き、ありがとうございました。

                     飯塚 雅幸

 

 

006.JPG

 岡・南外地区の経済界を代表する「神南経済クラブ」の主催の「飯塚雅幸サキソフォン演奏会」が大仙市神岡町「嶽の湯」の隣の、「神岡町農村環境改善センター」で開催されました。

出羽鶴の伊藤社長様初め、当地域を代表する経済界の方々の主催(秋田銀行神宮寺支店が事務局)で50名の方々のご参加を頂き、開催されました。

このような企画に、演奏依頼を頂きましたこと、ありがたく思っています。これからも一生懸命「心が和む音楽」を目標に頑張ります。ありがとうこざいます。

                      飯塚 雅幸

001.jpg

009.jpg

千葉商科大学のOBは、県内でも高校の商業科の教師や会社の経営者など、数多くの方が活躍されています。                        

また上の写真は新しく創設された、ホテルマンなどのサービス創造学部のパンフで「公式サポーター・一流企業35社」がバックアップしています。

その秋田県支部総会のアトラクションで演奏する事になりました。多数の同窓会の皆様のご参加をお待ちしています。

尚、支部総会のご案内は下記の通りです。

               

     平成22年10月17日(日) 総 会;午後 1時                                       

                                 懇親会;午後 2時

       場 所;  ルポールみずほ  (秋田市)

                     飯塚 雅幸

001.jpg

平成20年6月6日に秋田県全体の人権擁護委員協議会の会合が横手市であり、その際に演奏させていただく栄を頂きました。その演奏風景が上の写真です。

そして今年、8月に東北6県からの人権擁護委員の皆様がお集まりになられる「平成22年・東北人権擁護委員連合会」でのパーティでの演奏依頼をいただきました。

東北各地からお集まりになられる皆様に・・心が和む音楽を・・お届け出来ますよう頑張りたいと思います。

                     飯塚 雅幸

 

 

001.jpg 002.jpg 003.jpg

飯塚雅幸・藤間知枝が公私共にお世話になっている、多才な能力の持ち主、草薙祐喜さんが今回はサキソフォン奏者として街の活性化のために企画された「4th ZEN・LIVE」が開催されます。

歴史ある中仙町長野の中心街を、古き良き時代のように活性化をはかりたい、その為に皆さんがこの地域で楽しんでいただける「集いの場を・・・」との発想で、今回で4回目となります。

どうぞ、皆様・・・遠くの方でもJR長野駅から3分程度のところですので、たまには、お二人で電車でも良いと思います。

中仙の歴史と文化、そして「ドンパン節の心意気」が大勢の皆様のお越しをお待ちしています。・・・なにか急に中仙町民になってしまいました。

                      飯塚 雅幸

 

 

005.JPG

昨日、芸術の空間、画廊喫茶・ブランカで「第16回・ブランカライブ」が開催されました。

会場あふれんばかりのお客様の中、「夏・・・リズム、そして想いで」をテーマに数々の演奏をさせていただきました。

おいでをいただいた大勢のお客様、そしていつもお呼びを頂く素敵なオーナー三浦ご夫妻、いつも親切なスタッフの皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございます。              飯塚 雅幸

 

 

 

 

011.jpg

012.jpg

001.jpg

009.jpg

秋田演劇鑑賞会主催の「劇団・文化座」公演「目のある風景」が秋田市文化会館・大ホールで行われました。

いつもお世話になっている、文化座座長の佐々木愛さんからわざわざご連絡をいただき、夫婦で観劇させていただき、そして佐々木愛さんとお会いし、いろいろお話が出来て感激し帰って来ました。

「目のある風景」は非常に人間を深く掘り下げたすばらしい芝居で、佐々木愛さんの重厚な演技、そして平成20年度文化庁芸術祭大賞を受章された文化座の格を垣間見る事ができました。

そして佐々木愛さんから、「舞台生活50年を祝って」の佐々木愛さんの記念紙をいただいてきました。

なんとこの記念紙の中に、藤間知枝のお祝いとお礼のメッセージが、数々の有名人の方々と一緒に載せられており、ほんとうに感激いたしました。

佐々木愛さんのますますのご健勝とご活躍を祈念いたします。

              飯塚 雅幸・藤間 知枝 

 

 

001.jpg

002.JPG

今日は久しぶりに、大曲市民会館で公演された「松竹大歌舞伎」を鑑賞してきました。

この公演には、お家元の藤間勘右衛門(歌舞伎では尾上松緑)が尾上菊五郎、菊之助親子たちと出演され、素晴らしい芸術を堪能させていただきました。

古典舞踊の原点は「歌舞伎」という事で、たくさんの日本舞踊の方々が来ておられ、懐かしい方とお会い出来ました。

以前は、内の主人に気を使ってこっそり行っていましたが、還暦を迎えた今、なんと・・・帰った後、主人が「おかえり」と言って下の写真を撮ってくれ「かぶぎ、えがったが・・・」といってくれました。ありがとうどざいます。

今日の歌舞伎公演を鑑賞して得た事、そして私の師匠、藤間小妙さんからいただいた、数々の財産を「藤友会」の皆さんに伝えていきたいと思います。

ありがとうございます。          藤間 知枝

 

 

 

 

 

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

東京のフルバンド時代は、劇場、TV等、いろいろなプロ歌手のバックの演奏をしてきましたが、地元に帰ってからのプロ歌手との共演は、今まで年に数回しかありませんでした。しかし懐かしくて、アルバムを探してみたら、写真で残っていたのが数枚ありました。

その一部を載せてみました。一番上は、鶴岡の「秀吉」というクラブでの、「大川栄作ショウ」で、この時のバンマスは、今も家族同志で付き合っている、佐藤正男さん(テナーサックス)です。

二番目の写真は、佐藤宗幸さんの「青葉城恋歌」を伴奏した後の楽屋でのスナップです。

三枚目の写真は、「沢たまき・ディナーショウ」のスナップで、、最後の写真は「笹みどりショウ」のオンステージ風景です。

まだ若いころの写真ですが、今までに、いろいろと県内外のショウがあると、お呼びをいただいて演奏してきました。

売れているタレントだと、マネージャーが譜面等打ち合わせをしに来て、演奏時の歌い手の背中しか見た事がなかったという歌手もたくさんいました。

今日は今まで、ジャズ、クラシック他いろいろやってきましたが、演歌を中心にした、地元でのプロ歌手との共演のスナップをご紹介いたしました。               飯塚 雅幸

 

 

 

 

001.jpg

002.jpg

昨日、一昨日は私と同じ頃、故土田真弘氏のお弟子さんだった日光市の山野井善次さん、東京の登坂哲也さんからお電話をいただき土田師匠の事、当時の想いでなどで盛り上がりました。

その余韻覚めやらずで、今日は土田師匠が大活躍をしていた頃の写真と後年の演奏風景の写真をさがし、載せてみました。

上の写真は11PMの番組が一世を風靡していた頃、番組に出演していた方たちで、土田真弘(アルトサックス)その後ろが伝説のドラマー清水潤(ドラムス)、当時彼と演奏したなんていったら「すごーい・・・」といわれたものです。またその横は青島信幸(ベース)でこのメンバーが主体で11PMの三木鮎朗さんの司会の時代、テレビ出演していたと思います。

また一番右は、杉原淳(テナーサックス)で大橋巨泉さんの司会の11PM時代、サラブレッツというバンドを持ちスタープレーヤーでした。そしてその左にいるのは、沢田靖司(ピアノ・ボーカル)でこの時フルートを持っていますが、彼はマルチプレーヤーで日本ジャズボーカル大賞を受賞しています。そして一番左にピアノがいるはずですが写っていません。

そして下の写真は後年、私も土田師匠から「ユーも行こうよ」と連れていってもらった事がある、赤坂の「ボッカチオ」というクラブで近藤歌久子(ピアノ)とデュオで出演していました。このころは仕事場が少なくなってきている時代で、ジャズマンもたいへんな時期を迎えていました。

前回も書きましたが、全国に故土田真弘師匠を慕っている方々が今でもたくさんおられること、私も弟子の一人として本当にうれしく、土田先生もたいへん喜んでいらっしゃると思います。

ありがとうございます。              飯塚 雅幸

 

006.jpg 003.jpg

私の師匠、土田真弘氏を慕って、今から40年以上前に先生と親交をもたれ、プロとして活躍されていた日光市の山野井さん、そして東京の登坂さんよりご連絡、お便りを頂き感激いたしました。

私のブログを見ていただいたのが、きっかけでお便りを頂きましたが、20年前に亡くなった、土田師匠に対する想い入れの深い方が全国におられる事、また師匠を通じてこんなに素晴らしい出会いをいただきました事、ありがたく思っています。

上の写真は、土田師匠が後年良く私をたよって秋田に来て頂き、私の借家の子供部屋に泊まって、子供から「また来てもいいよ・・・」と言われ、ご機嫌だった土田先生との真木渓谷でのスナップです。

下の写真は、お便りを頂きました、山野井さん、登坂さんが当時所属された「中島千秋&ハイウェーコーナー」という一級のフルバンドにバンマスのトラで師匠、土田真弘さんが招聘された時のスナップです。(前列左から二人目です)

土田先生は、11PMとか、藤岡琢也プレゼンツとかジョージ川口のバンドで活躍されて、皆さんに「すごい人」と聴かされていましたが、こんな若い時、バンマスのトラで頼まれたという事は初めて聴きました。

山野井さん、登坂さん、本当にお便りありがとうございました。師匠、土田真弘さんもすごく喜んでいると思います。

                       飯塚 雅幸

014.JPG 005.JPG私の母校、秋田県立大曲高等学校同窓会、青麻会総会の席に二人がお招きを頂き、祝賀の舞、そして祝奏をさせていただきました。2枚目の写真は、今回ご難儀をされた横手支部の伊藤健先生を初めとする、役員の方たちとのスナップです。

ご出席の 寺邑会長初め、高橋馨先生、林誠先生、堀川先生、小野先生、そして同じ学びやで過ごした人たち、今日は家内共々、天国の世界でした。

この頃、はっきりとわかった事があります。それは60歳を過ぎてから、本当の我々の人生の始まりがあるという事です。

つい先だってまで、こんな会に行く余裕なんてなかったのですが、まして、踊りとサックスでお招きを頂きました事、ありがたく誇りに感じています。

感謝の念でいっぱいです。ありがとうございました。

               飯塚 雅幸・藤間 知枝

 

008.JPG

010.JPG

大手保険会社主催の「テナーサックスの夕べ・ディナーショウ」が田沢湖畔の「花心亭・しらはま」で100名以上のお客様の出席のもと開催され、演奏させていただきました。

一時間ほどのディナータイムの後、1時間のショウタイムで、前半は、アルトサックスで世界の音楽めぐり、そしてテナーサックスでテナームードの数々、またゲストの小原要一さんのギターソロとギター&テナーでの演歌をはさんで、後半はアルトサックスに持ち替えて、いつか聴いたジャパニーズスタンダードの名曲の数々を、そして最後はお客様といっしょに「ブルーシャトー」の大合唱で終了しました。

たいへんな盛り上がりで、お客様に喜んでいただきました。

今日も可愛いサックスのおかげで、いろいろな方との出会いができ、おりがたく思っています。

皆さん、ありがとうございました。         飯塚 雅幸

 

004.JPG

007.JPG

013.JPG

020.JPG

030.JPG

002.jpg

001.jpg

002.jpg

004.jpg

001.JPG

003.jpg

006.JPG

001.jpg

009.jpg

001.jpg

001.jpg

002.jpg

003.jpg

005.JPG

011.jpg

012.jpg

001.jpg

009.jpg

001.jpg

002.JPG

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

001.jpg

002.jpg

006.jpg

003.jpg

014.JPG

005.JPG

008.JPG

010.JPG

カテゴリ

ブログランキング

ご訪問ありがとうございます。ブログランキング参加しておりますので、クリック応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 クラシックブログ サックスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 演劇ブログ 舞踊・日本舞踊へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

最近のコメント

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30